読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガラケーLINE?

ここから本文です

スマホユーザーが一生知る由もない「ガラケー版LINE」の正体

ダイヤモンド・オンライン 7月9日(火)8時30分配信

写真を拡大 写真を拡大

スマホユーザーが一生知る由もない「ガラケー版LINE」の正体

写真を縮小 写真を縮小

スマホユーザーが一生知る由もない「ガラケー版LINE」の正体
最近、あまり見かけなくなった従来型携帯電話

 朝夕の電車のなかは、スマホ、スマホ、スマホ、ときどきタブレット。チラリと見える画面には、LINEかパズドラ(パズル&ドラゴン)ばかり。スマホさえあれば、最新の情報、音楽、ゲームなど何にでも容易にアクセスできるため、最近、通勤時間が楽しくなった、あるいは充実したという人も少なくないだろう。

 総務省の調査(平成24年通信利用動向調査)によると、スマートフォンの2012年末の世帯普及率が49.5%と、29.3%だった前年末から大幅に伸び、もはや「スマホが当然になった」といってもいい。そんな今、従来型携帯電話を使う、いわゆる“ガラケーユーザー”は何をして楽しんでいるのだろうか? 

● 「ガラケーで事足りますから」は 単なる強がりではなかった! 

 「電車でパカっと携帯を開くだけで、周りの人に見られてる気がするんですよね」

 こう語るのは、未だガラケーの使い手であるAさん(31歳)。ただ、一車両にガラケーユーザーが1人いるかいないか、という時代になったにもかかわらず、Aさんはガラケーを愛用することに全く引け目を感じてはいない。

 ――今も“ガラケー”って不便じゃないですか? 

 「何の問題もないですよ」

 ――スマホほしいなって思いません? 

 「いいなと思うこともありますけど、うらやましくはないですね。事足りますから」

 ――でも、スマホがあるとLINEとかもできて便利ですよ? 

 「いえ、ガラケーでもLINEはできますから。事足ります」

 ――え!?  ガラケーでもLINEできるんですか? 

● スタンプも無料通話もないけど楽しい!?  ガラケー版LINEにあるもの、ないもの

 Aさんの話は、嘘ではない。今年5月時点で全世界の登録ユーザー数が1億5000万人を突破した人気アプリのLINEは元々、スマホ専用だったが、2012年からはガラケーからも利用が可能になった。

 では、ガラケーのLINEとは一体、どんなものなのだろうか。

 まず、アクセスの仕方からしてスマホとは違う。スマホの場合、メッセージが届いたらLINEアプリを開くが、ガラケーの場合はLINEのブラウザページにアクセスする必要がある。AさんはLINEのURLをブックマークして、都度アクセスしているという。

 ページを開いてみると、スマホでおなじみの画面とは一味違う、無機質な「トーク一覧」「友達一覧」が目に入る。トークの画面に関しては、スマホ同様、背景を自分の好みのものに変えることができる。そのためAさんはピンクのドット柄にカスタマイズしている。

 しかしこのトーク画面には、やっかいな問題が2つあるという。

 まず、ガラケーはタッチパネルではないため、画面を触って会話がスクロールできない点だ。携帯の十字ボタンを押し続けなければ過去の会話に辿りつけないため、「親指が疲れる」(Aさん)という悩みが尽きない。また、会話の数が多くなった場合は、1つのページでは収まりきらないため、「以前の発言」という形で別のページを開いて過去の会話を参照しなければならない。

 2つ目が、トークが随時更新されない、という点だ。ブラウザを開いていても、画面の右下にある「1」の更新ボタンを押さなければ、メッセージは更新されず、数人で会話が展開されている際には、更新ボタンを押さなければ、完全に“置いて行かれる”。

 また、スマホのようにLINEメッセージが届いた際に、画面にお知らせが現れるような仕組みはないため、メールでメッセージが届いたという知らせが送られて来る。そして、そのメールに書かれているアドレスにアクセスしなければ、メッセージに辿りつけない。そのメールもすぐに来るわけではなく、送られてから数分~数十分後になることもあるという。AさんがLINEを、「“能動的”にならなければいけないアプリ」と評するのは、そのためだ。

 ただ、よい面もある。LINEの収入源といえば、様々な種類のあるスタンプだが、ガラケーユーザーはそれを買うことができない。買う楽しみは奪われるが、課金とは無縁なのだ(パケット通信料はもちろんかかる)。

 また、最近よく言われる「既読問題」と無縁であることもよい面だろう。LINEでは、相手がメッセージを開くと「既読」という表示が出る。相手が読んだかどうかが分かるため、「なぜ既読になったのに返事が来ないの? 」「既読になっちゃったから早く返さないと…」といったストレスが多くの人に生まれているという。しかし、ガラケーの場合は「既読」が出ないため、そうした懸念はない。さらに、LINEの売りである「無料通話」の機能もガラケー版にはないため、かかってくることはなく、あくまでも自分のペースで会話だけを楽しめる。

 

S ベーシックパック無し1000円支払 002Pユーザーの私には無駄使いの

自慢話にしか感じません。

 

WIFI+Wプラン+ホワイトBB=4千円後半です。

WIFIの自動更新の更新通知不備を突けば(ボーだフォンは通知してくれていた)

いつでもWIFIは違約金なしで解約できまっせ。)

失職したらそうします。

 

け・い・た・い・で・ん・わ・でしょ?

 

電話つながるだけじゃ不満なの?

 

スマホユーザーってキングジコチューの化身じゃないの?

 

何だろ?怖い恐い・・・・・・(。チェーン・アギ